クラウドファンディングおすすめ@クラウドクレジットはリターン大?

近年日本でも耳にすることの多いクラウドファンディングですが気になっている方も多いのではないでしょうか?クラウドファンディングを始めようと思っているもののどういった仕組みなのかわからないという人や、クラウドファンディングを始めるにはどのサイトがおすすめなのか知りたいという人に向けて、おすすめのクラウドファンディングサイトを紹介します!

 

【目次】
1.クラウドファンディングの仕組み
1-1 クラウドファンディングとは?
1-2 クラウドファンディングの種類@投資型・寄付型・購入型

 

2.投資型クラウドファンディングがおすすめな理由
2-1 投資型クラウドファンディングがおすすめな理由1:金銭でリターン
2-2 投資型クラウドファンディングがおすすめな理由2:投資初心者でもOK

 

3.投資型クラウドファンディングでおすすめサイトはクラウドクレジット!
3-1 クラウドクレジットはクラウドファンディングの中でもリターンが大きい
3-2 クラウドクレジットは少額でも投資できるクラウドファンディングだからおすすめ
3-3 クラウドクレジットは手数料の少ないクラウドファンディングだからおすすめ

 

4.クラウドクレジットとその他投資型クラウドファンディングおすすめサイトの比較
4-1 クラウドクレジットとmaneoの比較
4-2 クラウドクレジットとOwnersBookの比較
4-3 クラウドクレジットとSBIソーシャルレンディングの比較

 

5.まとめ:クラウドファンディングのおすすめサイトはクラウドクレジット!

 

 

クラウドファンディングの仕組み

クラウドファンディングとは?


クラウドファンディングとは、資金が必要な個人・企業・組織などが、インターネットを通して不特定多数の人からお金を集めるための仕組みです。

 

資金の使いみちは様々です。

 

・災害の被災地復興費用
・過疎地域の活性化に必要な資金
・先進的なガジェットの開発資金
・絶滅危惧種の保護費用

 

このように、従来の方法では決して集めることができなかったタイプの小規模な資金調達をクラウドファンディングは得意としています。数万円程度で成立するクラウドファンディングの案件も珍しくありません。どんな人でも「理念」「アイディア」「熱意」があれば資金を調達できるとして、すっかり社会に定着した感があります。

 

 

クラウドファンディングの種類@投資型・寄付型・購入型


クラウドファンディングは、資金の出し手が得られる「リターン」の違いで以下の3つに分類されます。

 

 

株式投資や従来型ファンドと違い、クラウドファンディングでは資金の出し手に対するリターンは金銭に限られません。現在のところ最も主流なのは、商品やサービスでリターンを受ける「購入型」でしょう。

 

 

■購入型→商品やサービスでリターン
「購入型」は商品やサービスの開発資金を支援し、そのリターンとして開発に成功した商品・サービスを受け取ることができるタイプのクラウドファンディングです。クラウドファンディングとしては最も一般的なリターン形式と言えます。

 

海外のクラウドファンディングサイトの草分け的存在のキックスターター(Kickstarter)や、日本ではREADYFOR?(レディーフォー)やCampFife(キャンプファイヤー)が代表的です。

・ベンチャー企業の開発費用を支援し、リターンとして商品を一般発売より前に受けとる
・アーティストの作品費用を支援し、リターンとして作品を受け取る

 

このような形でよく利用されています。

 

 

■寄付型→リターン無し
「寄付型」はその名の通り、資金の出し手が一切のリターンを求めません。
現代版の募金と言い換えてもいいかもしれません。

 


などが寄付型の主流です。

 

従来型の寄付は、募金したお金が実際にどのように使われているかが不透明な側面がありました。寄付型クラウドファンディングならプロジェクトの進行状況が公開されているため細かく確認することができます。自分が寄付したお金がどのように使われて、どのように世の中の役に立ったのかが把握しやすいという特徴を持っているのです。

 

 

■投資型(融資型)→リターンが金銭
「投資型」は金銭でリターンを得られるタイプのクラウドファンディングです。「貸付型」「融資型」とも呼ばれるほか、最近では「ソーシャルレンディング」と呼称されることが多いです。

投資型クラウドファンディングは今、非常に熱い状況にあります。海外・国内を問わず総投資額が年々増えており、特に100万円以下の小規模な資金を運用する個人投資家に絶大な人気があります。この投資型クラウドファンディングは、購入型や寄付型と比較してどのような特徴があるのでしょうか?なぜ投資型クラウドファンディングは個人投資家に人気があるのでしょうか?

 

次の章からは、投資型クラウドファンディングが個人投資家におすすめの理由を徹底解説していきましょう!

 

>>投資型クラウドファンディング「クラウドクレジット」はこちら

 

 

投資型クラウドファンディングがおすすめな理由

投資型クラウドファンディングがおすすめな理由1:金銭でリターン


投資型クラウドファンディングの特徴は、何と言っても「金銭」でリターンを得られる点です。つまり、お金を投資したら、お金でリターンが得られるということです。
元々クラウドファンディングは購入型や寄付型から発展しました。資金の出し手はあまり見返りを求めず、社会に対してインパクトを与えたいと考えている個人や組織を支援したいという純粋な気持ちを満たすために、購入型を中心にクラウドファンディングが発展してきたという経緯があります。しかし、購入型や寄付型が社会に十分浸透した今は、投資型に最も注目が集まりつつあります。
投資型クラウドファンディングは株式投資ほどリスクが高くありません。しかし、銀行の定期預金などに比べればリターンは遥かに大きいです。いわゆるミドルリスク・ミドルリターンな性質を持った絶妙なポジションの投資商品のため、近年急激に注目を浴びるようになってきたのです。

 

・ハイリスク・ハイリターン… 株式投資やFXなど
・ミドルリスク・ミドルリターン…投資型クラウドファンディング
・ローリスク・ローリターン…銀行の定期預金、国債など

銀行の定期預金や国債は安全性が高く、元本割れするリスクはほぼ0%です。金融に関する知識が無い個人投資家でも安全に投資できる対象ではあります。
しかし、得られるリターンは非常に乏しいです。日本の国債は0.05%程度の利回りしか得られず、仮に国債を100万円購入しても1年間で500円ほどしかリターンがありません。ほとんどリターンは0に等しいです。

 

それに対し、投資型クラウドファンディングはリターンが十分に得られる商品が揃っています。利回りが10%を超える商品も多く存在し、仮に100万円を投資した場合は1年間で10万円程度の投資利益を受け取ることも可能です。投資額が数万円〜100万円程度の個人投資家にとって、投資の金銭的リターンが現実的に肌で感じられるのが投資型クラウドファンディングなのです。

 

 

投資型クラウドファンディングがおすすめな理由2:投資初心者でもOK


投資型クラウドファンディングが人気の理由として、投資初心者でも気軽に利用できる点があげられます。

 

 

■株やFXに比べてリスクがそれほど高くない
投資の世界では、リスクとリターンは基本的に同程度です。つまり高いリターンが得られる場合は、高いリスクもつきまといます。株やFXなどは、投資対象がうまく値上がりすれば非常に多くのリターンを得られますが、その分株価の暴落や為替相場の激変などのリスクも伴います。信用取引などハイリスクな方法を選択すれば、一晩で資金が全て無くなってしまうことも珍しくありません。朝起きたら運用資金が綺麗サッパリ無くなってしまうリスクを抱えているのです。

また、最近よく話題になる仮想通貨はハイリスク・ハイリターンの極みです。相場の暴落や、仮想通貨取引所への不正アクセスによる通貨盗難などは頻繁にニュースでも報道されています。株式投資に比べても非常にリスクが高く、金融や投資の素人は決して手を出してはいけない世界です。
これらハイリスク・ハイリターンな投資商品に比べると、投資型クラウドファンディングはリスクが格段に低い投資商品です。数%から10%程度の利回りを期待できる反面、リスクはそこまで大きくはありません。ファンドによっては元本割れするリスクはありますが、株やFXのようなリスクとは比較になりません。

 

 

■元手があまり必要ない
投資型クラウドファンディングは非常に少ない元手でも始めることができます。例えば国内大手サイトの「クラウドクレジット」であれば、たったの1万円から投資可能。これだけ敷居の低い投資手段は他になかなか見当たりません。

 

 

■金融知識があまり必要ない
株やFXに投資して長期的に投資利益を出し続けるには、高度な金融知識が必要です。経済や社会情勢に対する深い見識に加えて、金融相場を読む能力が求められます。素人が安易に手を出すとヤケドしてしまいがちな、敷居の高い世界なのです。
それに対して投資型クラウドファンディングは金融知識を求められません。信頼のおける投資型クラウドファンディングサイトが用意したファンドから、気になるものに投資するだけです。どんな人でも参加しやすいのが投資型クラウドファンディングのいいところです。

このように、利用しやすく高リターンが得られる投資型クラウドファンディングは、初心者を含む個人投資家の間で急速に広まっています。「投資に興味あるけれど、株やFXは怖い」という投資初心者には、投資型クラウドファンディングは最適な投資商品なのです。

 

>>金銭リターンのあるクラウドクレジット公式サイトはこちら

 

 

投資型クラウドファンディングでおすすめサイトはクラウドクレジット!

投資型クラウドファンディングに興味を持った投資初心者に最適なサイトが「クラウドクレジット」です。海外ファンドに特化した強みでリターンが大きく、それでいて初心者でも投資を始めやすいハードルの低さを持ったサイトなのです。クラウドクレジットが持つ3つの魅力を見ていきましょう。

 

クラウドクレジットはクラウドファンディングの中でもリターンが大きい


クラウドクレジットが扱うのは、ヨーロッパや南米などの海外企業に資金を提供してリターンを得るファンドです。そのため、日本向けファンドに比べると利回りが非常に高くなっています。
なぜ海外向けファンドは日本国内向けファンドに比べて利回りが高いのでしょうか?
日本は世界でも有数の経済大国です。GDPではアメリカ、中国に次ぐ3番目の規模を誇っています。しかし、経済成長率という観点ではアメリカ・中国はもちろん、海外の新興国に比べて分が悪いです。少子高齢化で人口も減少しつつあり国内経済は完全に頭打ちとなってしまいました。高レベルで安定はしているけれど、そんなに大きな成長はしていないのが今の日本です。海外に目を向けると、南米やアジアなどの新興国には急成長している国が多くあります。日本のように人口が減少傾向にある国などほとんど存在しません。経済的には日本よりはるかに伸びしろが大きいわけです。

そのような海外の新興国に対して投資すれば、日本国内向けよりも多くの利回りを得られるというわけです。クラウドクレジットは海外の有望な新興国に絞ってファンドを展開しているため、高利回り商品を多く提供できているのです。

 

 

クラウドクレジットは少額でも投資できるクラウドファンディングだからおすすめ


クラウドクレジットが初心者におすすめな理由として、投資のハードルが非常に低い点があげられます。なんと、たったの1万円から投資が可能なのです。従来型の投資ファンドでは、最低出資額が1口数十万円からのものが珍しくありません。株式投資でも1万円から投資できる銘柄はほとんどありません。
投資初心者はいきなり多額の資産を運用したくないと考えるでしょう。最初は勉強を兼ねて少ない元手で様子を見たいと考える気持ちはわかります。クラウドクレジットの「最低出資額1万円」であれば、誰でもお試し感覚で個人投資家デビューができてしまうのです。

 

 

クラウドクレジットは手数料の少ないクラウドファンディングだからおすすめ


クラウドクレジットは口座の維持手数料がかかりません。また、クラウドクレジットの口座から出金する場合も月に1度までなら無料です。一般的な証券会社では、投資のための現金を預けておく口座を維持するだけでも、毎月手数料がかかってしまうところが多いです。

 

実はこれ、投資初心者にとっては危険な側面を抱えています。口座の維持手数料が有料だと「口座の手数料がかかるから、とりあえず何かに投資しよう」といった心理状態になりやすいのです。特に投資初心者ではその傾向が顕著で、無理な投資をして失敗してしまうケースがよく見られます。

口座手数料が無料のクラウドクレジットであればそのような心配はありません。また、投資額を入力するだけで、実際の税引き後の分配金シミュレーションがサイト上で簡単に確認できるのも、投資初心者に評価が高い点です。
金銭リターンが大きく、少額から始められて、手数料も少ないクラウドクレジット。これまで投資にあまり興味が無かった人を、続々と個人投資家デビューさせている理由はここにあります。もし今からクラウドファンディングを始めるなら、クラウドクレジットを強くおすすめします。

 

>>海外案件で高リターンのクラウドクレジットはこちら

 

 

クラウドクレジットとその他投資型クラウドファンディングおすすめサイトの比較

 

 

 

クラウドクレジットとmaneoの比較


maneo(マネオ)は投資型クラウドファンディングとして国内最大の会員数を誇る老舗サイトです。他のサイトに先駆けて2008年から運営しています。不動産や事業性資金融資などを中心に、国内海外問わず幅広い案件を取り扱っています。

クラウドクレジットとの比較で気になるのは最低出資額と出金手数料です。maneoの最低出資額は20,000円からとなっており、十分投資を始めやすい金額ではありますが、10,000円のクラウドクレジットと比べると少し高くなってしまっています。また、出金手数料は常に有料です。月に1回の手数料を無料にしてくれるクラウドクレジットと比べると見劣りしてしまいます。
肝心のリターンはどうでしょうか?平均利回りは5〜8%と、クラウドクレジットと比較すると安定志向のファンドと言えます。その分、金銭リターンの恩恵はあまり実感できないかもしれません。もしリターンの大きさを追求するなら利回りが9%台のクラウドクレジットがおすすめです。

 

 

クラウドクレジットとOwnersBookの比較


OwnersBookはロードスターキャピタル株式会社が運営している国内不動産に特化したクラウドファンディングサイトで、2014年に開設されました。最低出資額はクラウドクレジットと同じ10,000円と、投資を始める敷居が低くなっています。ただしOwnersBookの場合、出金手数料は324円と有料です。
利回りは5%前後の案件が多く、平均9%のクラウドクレジットと比べてしまうと金銭リターンは約半分です。少額の投資額では、なかなかリターンを感じにくいでしょう。

 

 

クラウドクレジットとクラウドバンクの比較


クラウドバンクは2013年に日本クラウド証券株式会社が始めたクラウドファンディングサイトです。国内の中小企業やベンチャー企業への融資が中心で、横浜市などの地方自治体と連携した企業融資なども特徴です。最低出資額はクラウドクレジットと同じ10,000円からで、出金手数料は完全無料です。非常に使いやすいクラウドファンディングサイトとなっています。

 

一方で運用利回りはクラウドクレジットに比べると劣ってしまっています。クラウドバンクが公開している平均実績利回り6.78%は決して悪い数字ではありませんが、クラウドクレジットの9%台と比べてしまうと少し低い数字です。

 

>>他の業者よりも高利回りが望めるクラウドクレジットはこちら

 

 

まとめ:クラウドファンディングのおすすめサイトはクラウドクレジット!

株式投資・FX・仮想通貨は非常にリターンが大きい投資界の再激戦区で、普通の個人投資家にとっては利益を出し続けるのが困難な世界です。専門的な知識やリスク分散するための多額の運用資金が無ければ、5年や10年と長いスパンで利益を出し続けるのは無理でしょう。事実、2008年のリーマンショックや、2017年の仮想通貨市場の大混乱で、多くの個人投資家が一瞬にして資産を失ってしまいました。まさにハイリスク・ハイリターンな投資方法なのです。
それに対して、投資型クラウドファンディングはリターンとリスクのバランスが絶妙です。大半のファンドの運用利回りは5%を超えています。特にクラウドクレジットは海外専門ファンドなので平均利回りが9%台と高く、投資のプロから注目されて急成長してきました。投資額が100万円以下の個人投資家にとっても、9%近くの利回りがあれば金銭リターンの恩恵を強く感じることができるでしょう。
また、最低出資額は1万円。口座維持手数料や出金手数料も無料と、初心者が気軽に投資を始めることのできる環境を整えてくれています。まさに個人投資家に最適なクラウドファンディングなのです。
投資に対して長らく興味を持っていたけれど、なかなか踏ん切れなかった人も多くいるでしょう。そんな人は口座開設手数料が無料のクラウドクレジットで、個人投資家デビューしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

【合わせて読みたいクラウドクレジット関連記事】

 

【評判】クラウドクレジットに投資はちょっと待て!実績とリスク解説

 

クラウドクレジットのデメリットはある?元本割れ・貸し倒れの可能性

 

クラウドクレジットのキャンペーン紹介!口座開設してないと対象外?